史書から読み解く日本史

歴史に謎なんてない。全て史書に書いてある。

日本武尊(白鳥の御陵)

日本書紀』に見る日本武尊薨去

東国平定の大任を全うして尾張まで戻って来た日本武尊でしたが、何故か直には大和へ帰国しようとしませんでした。
日本書紀』によると、尾張に還った日本武尊は、尾張氏の女の宮簀媛*1を娶り、久しく留まって月を経ました。
ここで近江の五十葺山*2に荒ぶる神があることを聞いて、剣を解いて宮簀媛の家に置き、徒歩で出向いて行きました。
胆吹山に着くと、山の神が大蛇に化けて道を塞ぎました。
尊は主神が大蛇に化けているとは知らずに、「この大蛇は、きっと荒ぶる神の使いであろう。主神を殺すことができれば、この使いなどは求むるに足らぬ」と言い、大蛇を跨いでなお進んで行きました。
時に山の神が雲を興して雹を降らせました。
峯は霧で覆われ谷は暗くなり、行くべき道もなくなりました。
彷徨って歩いている所も分からなくなりましたが、霧を凌いで強行すると、どうにか出ることができました。
しかし意識が朧気で酔ったかのようでした。
そこで山の下の泉の畔に休んで、水を飲むとようやく心気が醒めました。
故にその泉を名付けて居醒泉*3と言います。

日本武尊はここで初めて病を得ました。
ようやく起きて尾張に帰りましたが、宮簀媛の家には入らずに、伊勢に移って尾津*4に着きました。
前に尊が東へ向かった歳に、尾津に停まって食事をしましたが、その時に一剣を解いて松の下に置き、それを忘れたまま去ってしまいました。
今ここに到ってみると、その剣は猶そこにありました。
それで尊は歌って「尾張に 直に向へる 一つ松あはれ 一つ松 人に有りせば 衣着せましを 太刀佩けましを」と詠まれました。
能褒野*5まで来ると病が重くなりました。
そこで俘にした蝦夷等を神宮に献じました。
吉備武彦を朝廷に遣わして、神恩と皇威により東夷を征したことを天皇に奏上し、能褒野で崩じました。
時に三十歳。

小碓尊薨去の報せを聞いた景行帝は、安らかに眠れず、食べてもその味がなく、昼夜噎び泣き、胸を打って悲しみました。
そして群卿に詔し百僚に命じて能褒野の陵に葬らせました。
時に日本武尊は白鳥となって、大和を目指して飛んで行きました。
群卿等がその棺を開いて見てみると、衣だけが空しく残って屍はなくなっていました。
そこで使者を遣わして白鳥を追い求めると、大和の琴弾原に停まったので、その地に陵を作りました。
白鳥はまた飛んで河内に到り、旧市邑に留まったので、またその地に陵を作りました。
故に時の人は、三つの陵を名付けて白鳥陵と言いました。

尊が神宮に献上した蝦夷等は、昼夜喧しく騒いで出入りにも礼がなかったため、倭姫命は「この蝦夷等は神宮に近づくべからず」と言い、朝廷に進上しました。
そこで御諸山の傍に置いたところ、幾時も経たぬうちに神山の木を伐ったり、里に叫び声を上げて村人を脅かしたりしました。
天皇がこれを聞かれて、群卿に詔して言うには、「かの神山の傍に侍らせている蝦夷は、元より人に非ざる心があり、中つ国には住ましめ難い。故にその願うままに従い、遠つ国に移すがよい」と。
これが播磨・讃岐・伊予・安芸・阿波など五国の佐伯部の祖です。

古事記』に見る日本武尊薨去

一方『古事記』によると、尾張に帰った倭建命は、前に契りを交した美夜受比売の家に入りました。
そして御刀の草薙剣を美夜受比売の家に置いて、伊吹山の神を取りに行かれました。
「この山の神は素手で直に取ろう」と詔してその山に登ると、牛のような大きさの白猪に出逢いました。
尊は言揚げ*6して「この白猪は神の使者である。今殺さずとも還る時に殺そう」と言い、そのまま登って行くと、神は大氷雨を降らせて命を打ち惑わせました。
山を下りて玉倉部の清水で休息すると、心気がやや寤めました。
故にその清水を名付けて居寤の清水と言います。

その地を発って當藝野*7まで来た時、倭建命は歩くのも苦しくなり、「吾が心は常に空をも翔け行かんと思う。然るに今吾が足は歩むを得ず」と言われました。
その地からやや少し行くと、疲れが甚だしくなり、杖を突いてゆっくりと歩かれました。
尾津の一つ松の許まで来ると、前にその地で食事をした時に置き忘れた太刀が、失われることなく猶そこにありました。
命は御歌を詠まれて、「尾張に 直に向へる 尾津の崎なる 一つ松 あせを 一つ松 人にありせば 太刀佩けましを 衣着せましを 一つ松 あせを」と歌われました。
三重村まで来た時、また「吾が足は三重の勾の如くいと疲れたり」と言われました。
故にその地を名付けて三重と言います。

能煩野まで来た時、国を思って「倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭しうるはし」「命の 全けむ人は 疊薦 平群の山の 熊白檮が葉を 髺華に插せ その子」と歌われました。
これは国しのび歌です。(因みに『日本書紀』景行紀では、この二首は日向で景行帝が詠んだ歌とする)
そして病が甚だ急になった時、「嬢子の 床の邊に 我が置きし つるぎの太刀 その太刀はや」と歌われ、歌い終えると倭建命は崩じました。
薨去を伝える急使が立てられ、大和に居た小碓命の后や御子等が下り来て御陵を作りました。
命の魂は大きな白鳥となって海に向かって飛んで行き、やがて河内の志幾に留まりました。
そこでその地に御陵を作って鎮め坐さしめました。それを名付けて白鳥の御陵と言います。

両書の総括

以上ここまで読み比べてみても、やはり両書の内容はほぼ同じです。
即ち尾張に帰って来た日本武尊は、宮簀媛を娶ってその家に入り、そこに草薙剣を置いたまま伊吹山の荒ぶる神を討ちに行きました。
まさか丸腰だった訳ではないでしょうが、なぜ倭姫から賜った草薙剣を佩いて行かなかったのかは不明です。
近江の伊吹山は、近江と美濃の国境に跨る山で、山頂は不破関の北北西に当たります。
しかし山中で雹の降る悪天候に遭った尊は、それを機に体調を崩し、遂には歩くのも困難になりました。
つまり尾張に戻った時点では健康だったのであり、遠征の途中で発病した訳ではありませんが、或いは長旅の疲労もあったのでしょう。

症状が悪化し始めた日本武尊は、宮簀媛の家には戻らずに、美濃からそのまま南下して尾津に向かい、三重を経て能褒野まで辿り着きました。
能褒野から大和までは、健常な成人男性ならば三日の距離です。
伊吹山から大和を目指すだけならば、琵琶湖の東岸を回って山背を抜けた方が遥かに速いのですが、当時の大和と美濃を結ぶ行路は伊勢を通るのが本道だったので、不慣れな近道をせず素直に来た道を戻ろうとしたのでしょう。
そもそも近江と美濃の国境から目と鼻の先にある伊吹山に、討伐の対象となるような荒ぶる神がいること自体、未だこの街道が整備されていなかったことを物語っており、やはり当時は伊勢から大和への山越えが最も安全な道中だった訳です。

一つ不可解なのは、東国から尾張に戻った日本武尊が、大和へ凱旋せずにそのまま尾張に留まっていることで、一般的に考えられる要因としては、かつて景行帝が日向の高屋宮に数年間滞在した例もあるように、濃尾平野周辺の鎮定のために尊自ら尾張に駐屯していたか、さもなくば何らかの事情で帰国したくなかったかでしょう。
もし前者であれば伊吹山進攻もその任務の一環としてのものでしょうし、後者であれば親子の不和が現実味を帯びてくる訳です。
いずれにせよ尾張で腰を据えずに一路帰朝していれば、或いは不要不急の伊吹山などに赴かなければ、(仮に父君から疎まれていようと)いずれ天皇の地位が確約されていたと思われるだけに、返す返すも不憫ではあります。
ただ海を臨んでは飛んで渡れると大言壮語したり、伊吹山の神を素手で取ると豪語したり、行く先々で女を作ったりと、後の源義経にも通ずる人間性を見て取れる所もあるので、その点ばかりは何とも言えないのですが。

能褒野での薨去に関しても、記紀では全く別の視点から語られており、『日本書紀』では死期を悟った日本武尊が吉備武彦を朝廷に遣わし、東征を完了したことと、天命の無念を景行帝に奏上し、天皇の命で陵が作られたとするに対して、『古事記』では急使が立てられたのは尊の死後であり、それを受けて后や子等が下向して御陵を作ったとします。
正史の『日本書紀』は漢籍の引用による脚色が多々指摘されているのに加えて、意図的に整合性を操作しているのが明白なので、恐らくは『古事記』の方が史実に近いと思われますが、いずれにせよ史上初の日本統一という大事業の立役者である小碓尊が、志半ばにして世を去ってしまったのは間違いありません。

景行紀によると、日本武尊の死から十年余り経った頃、景行帝は小碓尊の平定した国を観てみたいと言って、東国巡幸を行いました。
その年の八月に御輿は伊勢に幸し、更に東海を経て十月には上総に到り、海路から安房の水門へ渡りました。
この時に覚賀鳥*8の声が聞こえたので、その鳥の形を見てみたいと思い、海上まで追って行くと、そこで大きな白蛤を得ました。
膳臣の遠祖で、名を磐鹿六鴈*9という者が、蒲を襷に掛け、白蛤を膾にして奉ったところ、景行帝は六鴈臣の功を賞めて、膳大伴部を賜ったといいます。
安房国朝夷郡(現南房総市千倉町)に鎮座する高家神社は、この磐鹿六鴈命を祭神とする式内社で、料理の祖神を祀る神社として知られます。

余談ながら触れておくと、「英雄色を好む」という諺にもある通り、歴史上の偉大な覇王の多くがそうであったように、史上初の日本統一を成し遂げた景行帝もまた、その例に漏れない草創の大君でした。
一般に日本史上で子沢山の人物と言えば、男女合わせて五十三人もの子宝に恵まれたという江戸幕府第十一代将軍の徳川家斉や、六十余州全てに我が子を振り分けようとしたという源為義浄土真宗本願寺中興の祖である蓮如等を思い浮かべると思いますが、景行帝が数多の后妃との間に儲けた子女の数は更にその上を行き、記紀ではその総数を実に八十人としています。
恐らくこれは有史以来の日本記録ではないでしょうか。
同じく好色の天下人として知られる豊臣秀吉にしても、側室の数だけならば負けてはいなかったと思いますが、残念ながら彼には子種がありませんでした。
そして日本武尊・稚足彦尊・五百城入彦皇子を除く他の皇子達は、尽く諸国の国造・和気・稲置・県主に封ぜられたといいます。

*1:みやずひめ:記は美夜受比売に作る

*2:いぶきやま=伊吹山

*3:いさめがい:記では居寤の清水

*4:伊勢国桑名郡

*5:のぼの:記は能煩野に作る。鈴鹿郡

*6:殊更に言葉に出して言い立てること。揚言

*7:たぎの:美濃国多藝郡

*8:かくかとり:ミサゴの古名

*9:いわかむつかり:膳氏(高橋氏)の遠祖とされる