史書から読み解く日本史

歴史に謎なんてない。全て史書に書いてある。

仲哀天皇の系譜

ここで仲哀帝の血統をもう一度確認しておくと、父は景行帝皇子の小碓尊日本武尊)、母は垂仁帝皇女の両道入姫命であり、史書に従えば両親は甥と叔母の関係になります。
続いて仲哀帝の子女について記紀では、従姉妹の大中姫との間に麛坂皇子と忍熊皇子、皇后気長足姫との間に誉田別皇子、更に誉屋別皇子という計四人の男子を儲けたとします。
この誉屋別皇子の出自に関しては両書に相違が見られ、『日本書紀』では来熊田造の祖の大酒主の女の弟媛を生母とするのに対して、『古事記』には「また息長帯比売を娶して生みませる御子、品夜和気命、次に大鞆和気命、亦の名は品陀和気命」とあり、応神帝の同母兄とします。
新撰姓氏録には子孫の名も記されていますが、皇子自身は元より子孫が活躍した形跡も特に見当たらないので、もともと皇位継承からは外れていたようです。

そして史書の設定に従えば、気長足姫が男児を出産した直後に麛坂王と忍熊王は挙兵し、次の皇位を巡って皇后方と一戦を交えています。
同じく記紀の描写を見る限りでは、挙兵の時点で既に二王は成人しており、開戦そのものが両者の意志だったとされています。
ただ不可解なのは記紀に於ける二人の呼称が、『日本書紀』では「麛坂王・忍熊王」、『古事記』でも「香坂王・忍熊王」となっていることで、先帝の実子でありながら両書に於いてその尊号が、「皇子」でも「命」でもなく単に「王」なのです。
無論天皇の子であっても生母の身分等で王とされる場合もありますが、史書の系譜が事実であれば、景行帝の皇孫を母に持つ麛坂・忍熊兄弟には当て嵌まらないでしょう。

また史書に記された仲哀帝の皇子は前記の四人だけなので、挙兵の時点で二王が成人していたとすると、大中姫との間に二人の男子を儲けてから、帝の死後に気長足姫が男児を出産するまでの間に生まれた子供は、誉屋別王という何とも影の薄い男子一人だけだったことになります。
確かに類似の事例がない訳ではなく、これを徳川家康の場合で見てみると、家康が正妻築山殿との間に長男信康を儲けたのは弱冠十七歳(満十六歳)の時で、その後はしばらく男子に恵まれず(女子は二人いる)、ようやく次男秀康が生まれたのは家康が三十二歳の時であり、二代将軍秀忠が生まれたのは更にその五年後なので、信康と秀忠の年齢差は実に二十歳です。

従って麛坂・忍熊王と気長足姫の産んだ男児の年齢差が仮に事実であったとしても、それ自体は必ずしも特殊な事例という訳ではないのですが、むしろその設定を不確定なものにしているのは、仲哀帝自身の年齢の方です。
前述の通り記紀では仲哀帝の享年を五十二歳としており、これを素直に読めば二十歳ほど年の離れた異母兄弟を儲けていても不思議ではありません。
しかし記紀両書に録された欽明帝以前の歴代天皇と比較してみると、この五十二歳という数字はとても鵜呑みにできるものではないことが分かります。
そこで試みに崇神帝から雄略帝までの天皇とその年齢を、①天皇、②『日本書紀』での年齢、③『古事記』での年齢という形で並べてみると次のようになります。

崇神天皇 ②120歳 ③168歳
垂仁天皇 ②140歳 ③153歳
景行天皇 ②106歳 ③137歳
成務天皇 ②107歳 ③95歳
仲哀天皇 ②52歳  ③52歳
神功皇后 ②100歳 ③100歳
応神天皇 ②110歳 ③130歳
仁徳天皇 ②記載なし ③83歳
履中天皇 ②70歳  ③64歳
反正天皇 ②記載なし ③60歳
允恭天皇 ②記載なし ③78歳
安康天皇 ②記載なし ③56歳
雄略天皇 ②記載なし ③124歳

因みに『日本書紀』の方は、帝紀の年表から天皇の年齢を計算できなくもありませんが、享年が明記されていない限りは「記載なし」としました。
また履中・反正・允恭の三帝と、安康・雄略の二帝は兄弟相続です。
こうして見比べてみると、仲哀帝神功皇后以外は、記紀両書で全く一致していないのが見て取れます。
そして王の年齢という史書の中で最も重要な筈の数字でさえこの有様ですから、記紀に振られた干支や年号などは殆ど当てにならないと思ってよいでしょう。
何しろ『古事記』では仁徳帝が八十三歳で崩じたとしながら、『日本書紀』では同帝の治世が八十七年に及んだとしているくらいなのです。

面白いのは允恭帝で、『古事記』と『旧事紀』は共に享年七十八歳としており、『日本書紀』は帝の年齢にこそ言及していませんが、その治世を四十二年とし、「時に年若干」で崩じたとしています。
尤も允恭紀は二十四年から四十二年までの記録がないので、仮に在位期間を二十数年と見たにしても、他書では七十八歳で崩じたとされ、在位二十年以上に及んだ允恭帝が「年若干」だったというのですから、在位僅かに九年、前に挙げた十三柱の中で最も若年である仲哀帝ならば猶更若干でしょう。
少なくとも崩御の時点で既に成人した子息がいたとは到底思えません。

では仲哀帝が志半ばにして世を去った直後、皇后や大臣と天下を争った麛坂王・忍熊王とは一体誰だったのでしょうか。
もしこの二王が本当に仲哀帝の子だったとすれば、父君が崩じた時にはまだ年端も行かぬ子供だった筈なので、恐らく皇后が我が子を擁して凱旋する構えを見せたのに対抗して、留守居役の重臣達に御輿として担ぎ出されただけの存在だったと思われます。
ただいかに天下分目の合戦の結果とは言え、流石に幼い先帝の実子を自決に追いやったなどとは史書に記せなかったのでしょう。
まして本来その二人こそが正統な後嗣だったならば猶更です。
一方で麛坂王と忍熊王が仲哀帝の子でなかったとすれば、果して彼等は誰に連なる血統を根拠にして皇位を主張し、いかなる事情から仲哀帝の皇子として後世に伝えられたのでしょうか。
いずれ解答を求めなければならない問題には違いありませんが、ここでは敢て踏み込まずに先へ進みます。

そしてその出自に関する史書の記述に矛盾が見られるのは、何も麛坂王と忍熊王に限ったことではありません。
第十五代天皇とされる誉田別尊と、その生母とされる気長足姫にしても同様です。
要するに妻や子など仲哀帝を取り巻く主要人物の殆どは、何故か揃ってその出自が不明確ということになります。
そして結論から先に言ってしまえば、仲哀帝の死後に気長足姫の産んだ子が、亡き夫の種でないことは改めて言うまでもありません。
当り前の話で、そもそも仲哀帝の死と皇后の出産との日数が合いません。
明らかに気長足姫は仲哀帝の死後に妊娠しているのです。

正史の『日本書紀』によると、仲哀帝が崩じたのは九年の二月六日であり、皇后の出産は同年の十二月十四日だといいます。
しかし妊娠と出産に関して多少なりとも知識のある者ならば、この間隔が有り得ないことは直ぐに分かります。
一般的に女性の妊娠期間は約二八〇日(四〇週)とされており、これが所謂十月十日(とつきとおか)と言われる日数で、この十月十日の意味については諸説ありますが、実際には陰暦で九ヶ月半ほどになります。
そして多少の前後はあるにせよ、出産予定日はこの計算に基づいて推定することができ、当然それは今も昔も変りません。

しかし気長足姫は仲哀帝の死から十ヶ月以上を経た後に出産しており、そこで腹に石を巻いて出産を遅らせたという弁解が必要になる訳ですが、元より現実的には無理な話です。
実のところ大半の女性は四十週を迎える前に出産を終えており、更にそれを一月も超えるような例は殆どなく、過期産による胎児への悪影響を鑑みれば、十月十日を意図的に遅らせるなどというのは正気の沙汰ではありません。
因みに仲哀帝崩御を二月とするのは仲哀紀本文、皇后の出産を十二月とするのは神功紀本文で、神功紀異伝と仲哀記は帝の崩御を神託当日としており、仲哀記ではそれを六月としますが、いずれにせよ仲哀帝の急死から皇后の出産までの日数が合わないことに変りはありません。

更に言えば、そもそも妊婦が将兵と共に対馬海峡を渡り、臨月直前まで陣中に常在するなどという芸当が可能な筈もなく、ましてお腹の子が先帝の忘れ形見であれば猶更です。
そのため気長足姫は初めから妊娠などしておらず、出産そのものが彼女の狂言だったのではないかとする見方もあります。
つまり石を巻いて出産を遅らせたのではなく、後に忍熊方先鋒の熊之凝が「内の朝臣が腹内には小石あれや」と揶揄したように、石を抱いて妊娠を偽装したのであり、皇后が武内宿禰等と企てた自作自演の大芝居だったという訳です。
確かに当時の状況を観察すると、それも有り得ない話ではないと思われますが、流石にそこまで行ってしまうと切りがないので、ここでは敢て立ち入りません。