史書から読み解く日本史

歴史に謎なんてない。全て史書に書いてある。

日本武尊(東国平定)

 伊勢出立から上総まで

熊襲を討伐した日本武尊は、景行帝から統一の仕上げとして東国の平定を託されることになりました。
そしてこの東国平定によって大和朝廷の日本統一がほぼ完了し、千数百年後の現代まで続く万世一系の日本という国家が完成したことを思えば、それを成し遂げた小碓尊を号して日本武尊と称えるのは、まことに理に適っている訳です。
但しその間の帝と尊の親子関係について、記紀両書で真逆の描写がされているのは有名な話で、当然それによって両者の伝説に対する見方も変ってしまう訳ですが、そうした細部の相違を別にすれば、やはり記紀共にほぼ同じ物語を伝えています。

まず『日本書紀』を見てみると、東国遠征の大将として兄の大碓王を推した小碓尊でしたが、これを嫌った大碓御子が隠れてしまったため、景行帝は大碓王の不甲斐なさを叱責して人選から外し、再び小碓尊が戦袍を纏うことになりました。
景行帝は小碓尊を将軍に任じて激励し、吉備武彦と大伴武日に命じて尊に従わせ、七掬脛を膳夫としました。
大和を出発した日本武尊は、寄り道をして伊勢神宮に詣で、斎主の倭姫命*1を訪ねて、天皇の命により東へ向かうことになったので、お暇に伺ったと告げました。
倭姫命草薙剣を授け、「慎み、怠らぬように」と諭して尊を送り出しました。

日本武尊駿河に着くと、その地の賊が従ったように見せかけ、欺いて言うには「この野には大鹿が甚だ多く、その吐く息は朝霧のようで、その脚は茂林のようです。出まして狩り給え」と。
尊がその言葉を信じ、野に入って狩をしようとすると、賊は尊を殺そうと思い、その野に火を放ちました。
欺かれたことを悟った尊は、火打石で火を熾し、向火を放つことによって逃れることができました。
また一に曰くとして、尊の差していた天叢雲剣が自ら抜けて尊の傍の草を薙ぎ払い、これによって逃れることができたので、その剣を草薙剣と称したとあります。
尊は「殆ど欺かれるところであった」と言い、尽くその賊共を焼き殺しました。故にその地を名付けて焼津と言います。

更に日本武尊は相模に進み、上総へ渡ろうとしました。
海を望み大言壮語して、「こんな小さな海は、駆けて飛び渡ることもできよう」と言いました。
しかし海の半ばに到ると忽ち暴風が起こり、御船は漂流して渡ることができませんでした。
時に尊に従っている妃がいて、名を弟橘媛*2と言いました。
穂積氏の忍山宿禰の娘です。
その弟橘媛が尊に申し上げるには、「今、風が起こり、波は荒れて、御船が沈もうとしています。これらは尽く海神の仕業です。願わくは賤しい妾の身を、王の命に代えて海へ入りましょう」と。
言い終ると波を押し分けて海へ入りました。
すると暴風が止んで、船は岸に着くことができました。
故に時の人は、その海を名付けて馳水*3と言いました。

以上が『日本書紀』に記された大和出発から上総上陸までの要略ですが、一方の『古事記』は次のようなものです。
熊曾征伐を終えた倭建命が出雲を経て帰還すると、景行帝は重ねて「東方十二道の荒ぶる神、また伏はぬ人等を言向け和平せ*4」と命じ、吉備臣等の祖の御鉏友耳建日子を副将に添え、杠谷樹の八尋矛*5を賜りました。
君命を拝して罷り出た小碓命は、伊勢の大御神宮に参り、姨の倭比売命に面して、「天皇は全く私が死ねばよいと思っておられるのか。どうして西方の悪しき人等を撃ちに遣わして、返り上ってから未だ幾時も経たぬというのに、軍兵も賜わずに更に東方十二道の悪しき人等を平らげに遣わすのか。思うに私が死ねばよいとの思召しだろう」と言い、患い泣いて暇を告げると、倭比売は草薙剣と御嚢を賜い、「もし急の事あらば、この嚢の口を解き給へ」と諭して送り出しました。

尾張国に到って、尾張国造の祖の美夜受比売の家に入りました。
倭建命は姫を娶ろうと思いましたが、また還り上る時に娶ろうと思い、契りを交わして東国へ向かいました。
相模へ到った時、その地の国造が詐って言うには、「この野の中に大沼あり。この沼の中に住める神、いと道速振る*6神なり」と。
倭建命がその神を確かめようと野に入ると、国造は野に火を点けました。欺かれたと知った命が、倭比売に貰った御嚢の口を解き開けて見ると、中に火打(火打石と火打金)が入っていました。
そこでまず御刀で草を苅り払い、火打で向火を点けて難を逃れると、国造等を尽く切り滅ぼして焼き払いました。
故にその地を今に焼道*7と言います。

更に進んで走水の海を渡った時、その海の神が浪を興し、船が回って進めなくなりました。
ここに名を弟橘比売命という倭建命の后が、「妾が御子に易りて海の中に入らむ。御子は遣はさえし政を遂げて覆奏したまふべし」と言い、海の中に入ろうとする時に、菅畳八重、皮畳八重、施畳八重を波の上に敷き、その上に下りました。
するとその暴波は自然と凪て、御船は進むことができました。
時に后は歌われて「さねさし 相模の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも」と詠まれました。
そして七日の後に、后の御櫛が海辺に流れ着いたので、御陵を作って納め置かれたと言います。

以上が『古事記』の流れですが、前記の如く景行帝と小碓尊の親子関係を除けば、記紀共にほぼ同じ内容となっており、
まず大和から伊勢に出て、大神宮の倭姫命に挨拶した後、尾張を経て東海道を東へ進み、相模から海路上総へ渡る行程が見て取れます。
史書では特に触れられていませんが、恐らく伊勢から相模までの移動は陸路だと思われます。
そしてこの東国平定に関しては、往路だけではなく復路もまたその順路が詳細に記録されているので、明らかに前の熊襲征伐とは異質の戦記であることが分かります。
また焼津の所在地について、紀は駿河、記は相模としていますが、これは別にどちらでも問題ないでしょう。

上総から蝦夷常陸から信濃

更に『日本書紀』を読み進めて行くと、日本武尊は上総から移って陸奥に入りました。
時に大きな鏡を御船に掲げて、海路から葦浦を回り、玉浦*8を横に渡って蝦夷の境域に着きました。
蝦夷の首長・島津神・国津神等は、竹水門に屯して防ごうとしましたが、遥かに王船を視てその威勢を怖れ、心中とても勝てないことを察し、全ての弓矢を捨てて拝して言うには、「君の容姿を仰ぎ見れば、人に優れておられる。神であられるのか。御名を承りたい」と。
尊が答えて「吾は是、現人神の子なり」と言うと、蝦夷等はすっかり畏まり、衣裳を捲し上げ波を分けて、王船を助けて岸に着けました。
そして自ら縛に就いて服したのでその罪を赦し、その首長を俘として従わせました。

日本武尊蝦夷を平らげて日高見から還ると、常陸を経て甲斐に到り、酒折宮に居られました。
時に火を灯して食事をし、歌を作って従者に問いて言うには、「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」と。
従者は誰も答えられませんでしたが、火焚の者が御子の歌の後に続けて、「日日並べて 夜には九夜 日には十日を」と歌うと、その聡明さを褒めて厚く賞しました。
ここに尊が言うには、「蝦夷の悪しき人共は、尽く罪に服した。ただ信濃と越のみ、未だ王化に従わぬ」と。
そこで甲斐から北の武蔵と上野を巡って西の碓日*9坂に着きました。
尊は常に弟橘姫を忍ぶ情があり、碓日嶺に登り三度嘆いて「吾嬬はや」と言われました。
そこで碓日嶺から東の諸国を号して「吾嬬国*10」と言います。
ここで道を分けて吉備武彦を越に遣わし、その地形の険易や人民の向背を監察させました。

日本武尊信濃へ進みましたが、この国は山が高く谷は深く、青い嶽が遠く重なり、人は杖を使っても登り難い国でした。
岩は険しく坂は長く、高い峯は数え切れず、馬は足を止めて進みません。
しかし尊は霞を分け、霧を凌いで山岳を渡って行きました。
やっと峯に着くと、疲れて山中で食事をしました。
すると山の神が皇子を苦しめようとして、白い鹿に化けて皇子の前に立ちました。
皇子はこれを怪しみ、一個蒜*11を白鹿に向けて弾くと、それが眼に当たって鹿は死にました。
しかし皇子は忽ち道を見失って出口が分からなくなりました。
そこへ白い犬が来て皇子を導こうとしたので、その犬に従って行くと美濃に出ることができました。
それまで信濃坂を渡る者は、神気を受けて病み臥す者が多かったのですが、尊が白鹿を殺した後にこの山を越える者は、蒜を噛んで人や牛馬に塗ると神気に当たらなくなったといいます。

一方『古事記』によると、上総から蝦夷の地へ入った倭建命が、荒ぶる蝦夷等を言向け、また荒ぶる山河の神等を平和して、還り上ろうとした時、足柄の坂本まで到って、乾飯を食べようとしたところ、その坂の神が白い鹿に化けて現れました。
そこで命が食い残した蒜の片端を持って投げ付けると、目に当たって鹿は死にました。
そしてその坂に登り立って、三度歎いて「吾妻はや」と言われました。
故にその国を名付けて「吾豆麻」と言います。
更にその国を越えて甲斐に出て、酒折宮に坐す時、歌って「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」と詠まれました。
すると火焚の翁が御歌に続いて、「かがなべて 夜には九夜 日には十日を」と歌ったので、その翁を誉めて東の国造を賜ったといいます。
その後に命は甲斐から科野*12を越え、科野の坂の神を言向けて尾張に還り来りました。

こうして読み比べてみると、記紀共に上総から陸奥に進んで蝦夷を平定した後、復路は関東を経て甲斐から信濃に到ったという点では一致しています。
日本書紀』では上総から陸奥までの移動を海路としており、要は内房から安房を迂回して外房に出て、犬吠埼から常陸沖を船で北上した訳です。
但し日本武尊一行を乗せた船団が、いかなる水軍によって構成されていたのかについては記載がありません。
また武力を用いずに蝦夷や現地の神々を服従させたという点も記紀で共通しており、初めから討伐が目的だった熊襲遠征とは好対照を成しています。
ただ一方で尊に敵意を示した焼津の豪族や、白鹿に化けた信濃の神は殺しているので、或いは後年の豊臣政権や徳川幕府アイヌ人に対してそうであったように、当時の大和の戦略として蝦夷に対しては和平優先だったのかも知れません。

復路の行程については両書に若干の相違が見られ、『古事記』では足柄まで戻った倭建命が、そのまま甲斐から科野へ進み、科野から尾張へ還ったとするのに対して、『日本書紀』では甲斐に到った日本武尊が、一度東へ戻る形で甲斐から武蔵に抜け、武蔵から北の上野に進み、上野から碓氷峠を越えて信濃に入り、副将の吉備武彦を越に遣わしたとします。
但し崇神帝の四道将軍と同じく、ここでも『古事記』に吉備氏派遣の一文はありません。
無論今となっては実際に日本武尊が取った進路など知る由もない訳ですが、甲斐まで戻りながら一転して碓氷峠に向かうというのは流石に無理があると思われるので、恐らく尊自身は常陸から相模を経て甲斐に進み、副将の吉備氏を別動隊として武蔵から上野に回し、再び信濃で合流したという伝承が一つになったのではないでしょうか。

*1:やまとひめのみこと:垂仁天皇の皇女

*2:おとたちばなひめ

*3:はしるみず:記では「走水」に作る

*4:ことむけやわせ:言葉で諭して平和的に説得せよ

*5:ひひらぎのやひろほこ:ヒイラギで作った長い桙

*6:ちはやふる=荒々しい

*7:やきづ=焼津

*8:葦浦・玉浦:所在不明。外房と思われる

*9:うすい=碓氷

*10:あづまのくに:記では「吾妻」に作る

*11:ひとつひる:蒜はにんにく

*12:しなの=信濃