史書から読み解く日本史

歴史に謎なんてない。全て史書に書いてある。

好太王碑と神功皇后

以上が好太王碑に刻まれた四世紀後半から五世紀初頭の倭と朝鮮の風景です。
そして我々の知る日本史の中には、これ等の出来事に呼応するだけの明確な痕跡がない訳ですが、確かに碑文自体は高句麗側の視点で語られているにせよ、その内容が全くの創作であろう筈もありません。
もし十九世紀に入って偶然この石碑が発見されなければ、我々はかつて日本と高句麗が戦ったという事実さえ永久に知らなかったことを考えると、まさにこれは天恵と呼べるほどの大発見だったと言えます。
従ってこの発見を我々自身の歴史とするためには、国内に伝わる日本史と好太王碑の記述を一体化させる作業が必要になります。
そこでまず碑文の方を簡単な年表にしてみると次のようになります。

 
永楽元年(三九一年)
好太王即位。この頃から倭が海を渡って来て、高句麗の属邦だった百済新羅を臣従させる。

永楽六年(三九六年)
好太王、自ら水軍を率いて百済を討つ。漢江以北を平定して王都に迫り、百済王に城下の盟をさせる。

永楽九年(三九九年)
百済が先年の誓に反して倭と通じたため好太王は平穰まで巡下。新羅が使者を遣わして救援を請う。

永楽十年(四〇〇年)
高句麗軍、新羅の王城を包囲。場内の倭軍が撤退したので、これを追って任那加羅へ至る。その隙に安羅軍が新羅の王城を陥落させる。

永楽十四年(四〇四年)
倭が帯方郡へ侵入。好太王自ら迎撃して倭を破る。


では一体これ等の出来事は、日本史のどの部分に当て嵌まるのでしょうか。
まず三九一年に倭が百済新羅を臣従させたという一件について言えば、その内容から見てもこれが神功皇后三韓征伐であることは論を待ちません。
従ってその後の一連の時事もまた神功皇后の摂政期に起きた可能性が高いと言えます。
因みに神功皇后の生きた時代に関しては、『日本書紀』に記された干支を二運(百二十年)繰り下げて、四世紀の中頃に比定する見解があります。
つまり同書の干支は意図的に二運繰り上げられているとする説で、朝鮮側の史料に記された干支との比較等から、既に江戸時代には指摘されてきたものですが、ここでは採用しません。
何故なら割り振られた干支そのものが当てにならないからです。

そして神功紀の年表には、不自然な四十年の空白があることは前述しました。
その四十年間の出来事として、応神天皇が大臣と共に敦賀気比神宮へ詣でた話と、『魏志』から引用した倭の女王の話を挿入している訳ですが、そもそも邪馬台国神功皇后は百年以上も時代が異なるので、これは誰が見ても『魏志』に呼応させるための造作であることは明白です。
また神功紀は摂政六十九年まで続くものの、五十五年以降の記述は殆ど百済史書からの引用であり、その年月も含めて気長足姫との関係については信憑性に欠けます。
そこで仮にその四十年を無かったことにして、空白後の摂政四十六年を摂政六年、同じく五十二年を十二年と読み、起点となる三韓征伐を三九一年に据えて簡単な年表にしてみると次のようになります。


仲哀九年(三九一年)
新羅征伐。百済朝貢を誓う。内宮家を定める。

摂政元年(三九二年)
二王の乱。忍熊王を近江に破る。

摂政二年(三九三年)
先帝を長野陵に葬る。殯は二年前に穴戸の豊浦で済ませる。

摂政三年(三九四年)
誉田別皇子立太子。後の応神天皇

摂政五年(三九六年)
新羅王が三人の使者を大和へ遣わす。この三人の手引きにより人質となっていた新羅の王子が大和から脱出。葛城襲津彦、三人を焼き殺す。

摂政六年(三九七年)※書紀では四十六年。空白の四十年を無視。以後同。
斯摩宿禰を卓淳国へ遣わす。宿禰の来訪に先立ち、百済人の久氐等が卓淳を訪れて国王に大和との交流を説く。宿禰百済へ使者を遣わして王を慰労。百済王、使者に託して珍物を献じる。

摂政七年(三九八年)
百済王、久氐等三人の使者に朝貢させる。時に新羅の調使も共に詣で来る。新羅百済の献物を奪ったことが発覚。皇后、新羅の不正を責める。

摂政九年(四〇〇年)
新羅再征。荒田別と鹿我別を将軍とし、百済と共に新羅を撃つ。比自体・南加羅・喙国・安羅・多羅・卓淳・加羅の七国を平定。更に軍を西へ移し、兵を率いて参戦した百済王と合流。千熊長彦、王と共に百済へ赴き誓約を交わす。

摂政十年(四〇一年)
荒田別等が帰国。千熊長彦と久氐等が百済から戻る。

摂政十一年(四〇二年)
百済王、久氐を遣わして朝貢。皇后、百済の忠誠を褒讃。千熊長彦を久氐等に副えて百済へ遣わす。

摂政十二年(四〇三年)
久氐等、千熊長彦に従い参り来て、七枝刀や七子鏡等種々の重宝を献じる。以後毎年朝貢する。


こうして比較してみると神功紀と好太王碑は、かなり無理のない範囲で一致していることが分かります。
むしろそれぞれの欠けている所を上手く補い合っているとも言えるでしょう。
年月に多少の誤差は見出せるかも知れませんが、これはどんな史書でもよくあることで、そもそも書紀や碑文の記述が必ずしも正確とは限りません。
そしてやはり『日本書紀』の方は、四〇四年の敗戦の手前で筆を止めているのが見て取れます。
ただ百済との合同作戦だった二度目の新羅征伐の後、将軍の荒田別等を帰国させているところを見ると、その数年後に行われたとされる高句麗遠征は、やはり中央政府である大和朝廷の国策として実行された可能性が高いと言えます。
従って日本側の史書では触れられていませんが、当然この遠征の失敗は時の朝廷中枢部にも少なからず影響を与えた筈です。
少なくとも神功皇后から応神天皇への政権移行に際して、その要因の一つとなったことは間違いないでしょう。