史書から読み解く日本史

歴史に謎なんてない。全て史書に書いてある。

崇神天皇(後編:四道将軍)

四道将軍

一通り諸神の祭祀を終えた崇神天皇は、周辺諸国の平定に着手します。
即ち大彦命を北陸へ、武渟川別を東海へ、吉備津彦を西海へ、丹波道主命丹波へ遣わして、伏さぬ者は討てと命じました。
所謂四道将軍です。
これは現代で言うところの方面軍制度であり、日本史上で再びこれをやったのは織田信長一人しかいません。
織田家の軍制下でも、柴田勝家を北陸へ、滝川一益を関東へ、羽柴秀吉を中国へ派遣し、明智光秀には丹波から山陰への国替えを命ずるなど、崇神帝とほぼ同じ将配置となっています。
更に信長は丹羽長秀四国征伐の準備をさせていますが、何故か記紀には四国遠征の記録がありません。

但し四道将軍というのは『日本書紀』に倣った呼称で、『古事記』では大毘古命(=大彦命)を高志(越)道へ、その子の建沼河別命(=武渟川別)を東方十二道へ遣わして伏わぬ人々を和させ、日子坐王(=彦坐王)を旦波国へ遣わして玖賀耳之御笠を殺させたとあり、吉備は入っていません。
それぞれの将が派遣された地域と、その意図するところを見てみると、北陸にも兵を進めているということは、既にこの頃の高志には相応の国が存在していたことを示しており、そこには敦賀を始めとして日本海航路の基点となる複数の交易港がありました。
丹波畿内と山陰を結ぶ山陰道の起点であり、当然その先には大国の出雲を見据えていたことでしょう。
残る東方について言えば、駿河以東を平定したのは日本武尊であり、飛騨が併合されるのは仁徳天皇の代なので、ここで言う東海というのは専ら美濃尾張近辺かと思われます。

次に将の配置とその続柄を見てみると、大彦命崇神帝の祖父孝元天皇の皇子で、先代開化天皇の異母兄弟に当たり、娘の御間城姫(垂仁帝の生母)は崇神帝の皇后という皇族随一の有力者です。
ただ史書によると大彦命は孝元帝の第一皇子で、開化帝は第二皇子だというのですが、実母はどちらも皇后の鬱色謎命であり、両者は嫡流の同母兄弟なので、この出自設定には少々疑問が残ります。
阿倍臣の祖とされる武渟川別大彦命の子で、崇神帝とは従兄弟であると同時に義兄弟でもあります。
大彦命武渟川別の親子がそれぞれ北陸と東国へ派遣されたという点に関しては記紀で共通しており、従って(それが同時であったかどうかはともかくとして)これはほぼ史実と見てよいでしょう。

丹波へ派遣された将について、『古事記』は日子坐王とし、『日本書紀』は丹波道主命としていますが、この両者は親子とされているので、これは単に二世代の功績が記紀で混同されたものでしょう。
日子坐王は開化帝の第三皇子で崇神帝の異母弟に当たり、丹波道主命の娘は後に垂仁帝の後宮に入り景行帝を産むなど、やはり皇族の中でも有力な家系です。
ただ試みに織田家の五将の年齢構成を見てみると、信長と一回りほど歳の離れていた最年長の柴田勝家を筆頭に、一益、長秀、光秀の三人はいずれも主君より年上で、年下は羽柴秀吉一人だけであり、現実的にも崇神帝が甥っ子に一方面を任せたとは考えにくいものです。
従ってこの場合の人選は、正史の『日本書紀』よりも『古事記』の方が正しいように思われます。

古事記』で触れられていない吉備津彦は(皇家の系図に従えば)孝霊天皇の皇子で、崇神帝の祖父孝元帝の異母兄弟に当たる王族です。
当時のことですから世代と年齢が現代ほどには一致しないとは言え、流石にこの設定は些か無理があるのではないでしょうか。
例えば共に智臣として曹操に仕えた荀彧と荀攸は、お互い叔父と甥の関係にある一族ですが、叔父の荀彧が年少で、甥の荀攸が年長です。
確かにこうした事例も稀にあるので、世代という要素だけで史書の記述を否定する理由にはなりませんが、一方で吉備津彦には稚武彦という弟がおり、その子または孫とされる吉備武彦が日本武尊の東国遠征に従い、武彦の娘は応神妃だと言います。
従って後世に吉備津彦と呼ばれた吉備国造の祖先が、大和朝廷の将軍として山陽地方へ赴任した事実はあったにせよ、少なくとも彼を孝霊帝の皇子とする系図は有り得ないでしょう。

崇神天皇の素性

実のところ史書というものは、話の前後で辻褄の合わないようなところが多々あって、元よりそれは記紀の中にも随所に見受けられます。
この有名な四道将軍の伝承にしても、もしこれが崇神帝の治世に実行された事業であるとすれば、逆に神武帝の東征以来その子孫が大和を統治していたという設定を頭から否定する結果になってしまうのです。
何故なら十代にも渡ってその土地に根を張っていた勢力が、ある日突然多方面に戦線を広げることなど有り得ないからです。
つまり第十代崇神天皇という帝王が大和に君臨した背景は、どこか別の土地からやって来て大和を征服したか、或いは下剋上によって大和を支配していた主君に取って代ったか、或いはその両方だったと考えられる訳です。
と言うより現実的にはそう考える他はありません。

例えば後の戦国時代でも、幾代にも渡って地盤を築いてきた大名が、同時に複数の隣国へ侵攻する形で、放射状に版図を広げようとした例は(織田家を除いて)まず無いと言ってよいでしょう。
これは駿河の今川氏、関東の北条氏、甲斐の武田氏、越後の上杉氏等を見れば分かることで、彼等は前後左右に敵を作るような真似は決してしませんでしたし、一方の隣国と戦をする際には、他方の隣国とは必ず講和を結んでいました。
と言うより利害対立のない大名同士は、和親によって姻戚関係を築いたり、互いに不可侵の同盟を結ぶのが常識であり、そうした先祖代々の因果を一方的に全てご破算にして、ある日突然四方を敵に回すなどというのは、とても正気の沙汰ではありません。
無論これは戦国の日本に限らず、春秋戦国時代支那大陸や近世の欧州など、古今東西を問わずに当て嵌まることです。

日本史上唯一の例外である信長にしたところで、彼が方面軍制度を導入したのは、室町幕府最後の将軍であり当時の主君でもある足利義昭を追放し、右大将として安土を拠点にしてからのことで、尾張の小領主時代は無論のこと、尾張美濃二国を領していた時でさえこんな真似はしていません。
同じく漢土に於ける例として、三国時代曹操の軍制が挙げられますが、彼が方面軍制度を採用したのも、丞相として後漢朝の実権を掌握してからのことです。
そもそも軍勢を全方面に派遣もしくは駐屯させるということは、当然ながら自国に服従しない者は全て敵ということであり、それは取りも直さず自分と対等の存在は認めないということ、即ち一者による天下統一の意思表示でもありますから、そう誰にでも採用できる軍制ではありません。

また崇神帝が十代に渡って大和を統治していた王家の血筋ではなく、あくまで新興の勢力だったことを示す好例として、四道将軍の人選が挙げられます。
記紀を問わずに崇神帝が各方面に派遣した将軍は、いずれも従兄弟や異母弟といった近しい身内であり、これは家臣の中に一方の大将を託せるだけの人材がいなかったこと、つまり当時の皇家にはそれだけの歴史の蓄積がなかったことを表しているからです。
同じことは曹操についても言えて、晩年になると血の繋がらない家臣の中からも将軍を選任していますが、初期の戦場で彼を支えていたのは曹氏や夏侯氏出身の親族であり、その多くは従兄弟やそれに近い同年代の若者達でした。
逆に信長の将軍に織田姓の親類衆が少ないのは、彼の家系が尾張織田氏の中では支流だったことと、若い頃に家中で「うつけ殿」と陰口を叩かれていた彼には、初めから信頼できる身内など殆どいなかったからです。

武埴安彦の反乱

但しこの方面軍制度は、兵力の大半を自国の周囲に展開してしまうため、まるでドーナツのように中央が手薄になるという欠点を持ちます。
この虚を衝いた明智光秀の謀叛によって、稀代の英雄織田信長が突然世を去ってしまったのは、日本人ならば知らぬ者のない出来事ですが、同じく曹操もまた幾度となく暗殺未遂に遭っています。
そしてこれと類似の事件は崇神帝の身にも起きていて、帝が各地へ将軍を派遣すると、山背に居た孝元帝の皇子の武埴安彦*1が謀叛を企てたとあります。
幸いこの時は異変を察した大彦命が、軍を反転させて戻ってきたことで事無きを得ていますが、もし大彦が帰還していなければそれこそ古代版本能寺でした。

この間の経緯について『日本書紀』では次のように記しています。
北陸へ向けて出立した大彦が和珥坂(大和国添上郡:山背との国境付近)まで到ったとき(或いは山背の平坂まで到ったとき)、道端の少女が崇神帝に不吉な詩の歌を口ずさんでいました。
これを怪しんだ大彦が「汝の言っているのは何のことか」と問い質すと、少女は「何も言わず、ただ歌うのみ」と答えて、重ねて同じ歌を詠うと忽ち姿を消してしまいました。
そこで大彦が戻って事の顛末を奏上すると、果して武埴安彦と妻の吾田姫が謀叛を企てており、二人は諸将が国を離れた隙を狙って挙兵し、武埴安彦は山背から、吾田姫が大阪から都を挟襲する手筈になっていました。
崇神帝は先手を打って五十狭芹彦命(吉備津彦)に吾田姫を討たせ、大彦と和珥臣の遠祖彦国茸に武埴安彦を討たせて無事この反乱を防いだといいます。

古事記』の伝える話もほぼ同じ流れですが、同書では大毘古命と日子國夫玖命に建波邇安王(=武埴安彦)を討たせたと記すだけで、共謀者の妻や吉備津彦の名は見えません。
ただ叔父の一人が惣領を弑して宗家を乗っ取ろうとするというのは何とも生臭い話で、後の武家社会でも何度となく繰り返されてきた典型的なお家騒動の形です。
要は当時の崇神帝にとって、頼れるのはほぼ身内だけであり、裏を返せば敵となるのもまた身内だった訳です。
これが景行天皇の頃になると、次第に功臣の子孫から成る家臣団が形成されて行き、それを受けて皇族が朝廷の中枢を担うことは少なくなり、大臣や大将といった重職は家臣の手に委ねられるようになって行きます。
尤もその家臣連の素性にしても、遡れば王族に端を発している家系が殆どなのですが。

崇神紀と崇神

日本書紀』の崇神紀は、まず即位と后妃皇子女に始まり、次いで神々の祭祀、四道将軍と武埴安彦の謀叛、大物主神の妻問、御肇国天皇の称号、皇太子の選定、出雲の神宝と続き、造営した池を顕した後、任那が使者を遣わして朝貢してきた話を記して終ります。
一方の『古事記』は、まず即位と后妃皇子女、次いで神々の祭祀,三輪山の伝説、建波邇安王の反逆と続き、初國知しし天皇の称号と造営池を記して終ります。
文字数が多いのは記紀共に大物主神に関する話と武埴安彦の反乱の話で、この二件が崇神帝の治世で最も重要な出来事だったことが分かります。
在位中に造営した池名を挙げるのは、崇神紀以降に見られる記紀共通の項目で、宮殿の地名や后妃皇子女の姓名と同様に、その後の歴代帝紀でも踏襲されて行きます。

出雲の神宝

古事記』では語られていない出雲の神宝について軽く触れておくと、その治世も晩期になった頃、かつて天日照命が天から持ち来った神宝を出雲大神の宮に収めてあるというが、これを見てみたいと崇神帝が言い出しました。
そこで矢田部造の祖の武諸隅を遣わして献じさせようとしたところ、時に神宝を司っていた出雲振根*2は筑紫へ行って不在だったため、その弟の飯入根が皇命を承り、弟の甘美韓日狭と子の鸕濡渟に付けて神宝を奉りました。
筑紫から戻った振根は、神宝を大和に献じたという話を聞くと、「数日待つべきだった。何を恐れて容易く許したのか」と弟の飯入根を責めました。
その後の展開を見る限り、崇神帝は出雲に神宝を返さなかったようです。

時を経ても振根は飯入根に対して恨みと怒りを懐いており、いつか殺そうと思っていました。
あるとき兄は、共に淵を見に行こうと弟を欺き、秘かに真刀に似せて作っておいた木刀を佩いて行きました。
淵に着くと、水が清らかだったので、兄は弟を水遊びに誘い、お互い佩いていた刀を解いて水中に入りました。
すると兄が先に上がって弟の刀を取って構えたので、驚いた弟が兄の刀を取って討ち合ったものの、兄の刀は木刀だったので抜くことができず、弟の飯入根は斬り殺されてしまいました。
甘美韓日狭と鸕濡渟が朝廷に参り来て、その状況を詳しく奏上したので、崇神帝は吉備津彦武渟川別を派遣して出雲振根を殺させました。
すると出雲臣等はこのことを畏れて、しばらく出雲大神を祭らなかったといいます。

以上がこの挿話の大まかな流れですが、当然これは彦坐王もしくは丹波道主命による丹波攻略を経て、その先の出雲までが既に崇神帝の傘下に入っていたことを前提としています。
因みに『古事記』では、予め詐刀を仕込んでおき、水遊びを誘って相手に太刀を解かせ、真剣とすり替えて殺したという同じ話と、その際に詠まれたという同じ歌が、倭建命(=日本武尊)と出雲建の間の逸話として出てきます。
どちらも出雲を舞台にしていることから、恐らくこれは一つの原話が混同して伝わり、記紀の撰者がそれぞれ異なる方を採用したものと思われますが、同時にそれは崇神帝と景行帝の業績が混同されているということでもあります。
また古墳時代出雲国造世襲した家系については、記紀共に天穂日命の子孫が朝廷から国造に任ぜられたと伝えており、出雲振根等を祖とする出雲臣とは全くの別系統となっているのですが、両者がいつ頃どのような形で入れ替わったのかについては不明な点が多くあります。

皇太子の選定

同じく『古事記』にはない皇太子選定の話は次のようなものです。
崇神帝は豊城命と活目尊*3に勅して、汝等二子は共に斉しく愛おしい、いずれを後嗣にしかものか分からない、各々夢を見るがよい、朕がその夢を以て占おうと言いました。
二皇子は命を承り、浄休して祈ってから寝ると、それぞれ夢を見ました。
夜明けに兄の豊城命が夢見を上奏して言うには、御諸山に登って東に向かい、八度槍を突き出し、八度刀を空に振ったと。
弟の活目尊が夢見を上奏して言うには、御諸山の頂に登って、縄を四方に引き渡し、粟を食む雀を追い払ったと。
崇神帝は二皇子の夢を占い、兄は偏に東を向く、まさに東国を治むべし、弟は遍く四方に臨む、朕の位を継げと言い、活目尊を立てて皇太子とし、豊城命には東を治めるよう命じました。
この豊城命は上毛野君と下毛野君の祖とされます。

*1:たけはにやすひこ:開化帝や大彦命の異母兄弟、崇神帝の叔父の一人

*2:いずものふるね:出雲臣の祖

*3:いくめのみこと:後の垂仁天皇